山脇千文美プロは日本プロ麻雀連盟に所属する女流プロです。

ちょっとネコみたいなかわいらしい顔立ちの若手人気雀士です。

ですが、チャーミングな外見に似合わずそのキャラクターはかなり独特。

そんな山脇千文美プロについてまとめてみました。

スポンサーリンク

山脇千文美wiki風プロフィール

山脇プロはまだウィキペディアに記載がありません。

人気はあってもまだ新人ですからね。

ここではプロフィールをウィキペディア風に紹介します。

 

基本プロフィール

山脇千文美(やまわきちふみ、1990年4月2日 – )は、競技麻雀のプロ雀士。

北海道出身。

血液型はA型。

札幌南高校卒業。

日本プロ麻雀連盟所属(第29期前期生)。

キャッチフレーズは「暴走コスモ系フェアリー」。

愛称は「ちゃんちーぬ」。

趣味はお酒・ライン・ズーキーパー。

特技は絶対音感・ピアノ・お絵描き・魚をキレイに食べること。

 

年齢は27歳ですね。最近の女性プロでは珍しくきっちり生年月日をオープンにしています。

出身大学は不明ですが高校は札幌南高校。(かなり偏差値が高い)

全くそうは見えませんが勉強はできたみたいです。

 

麻雀を覚えたのは小学4年生の頃。

年末には紅白を見ながら麻雀を打つのが、家族の恒例行事だったそうです。この時には歌手を夢見ていたので、将来紅白に出場することを考えながら打っていました。

2009年に大学進学のために北海道から上京。

大学時代には雀荘でのアルバイトをしながら、歌手になるためのオーディション受験やレッスンなどを続けていました。芸能事務所に所属した時期もあるそうです。

結局は麻雀プロの道を選び、2013年に日本プロ麻雀連盟の29期生としてプロデビューしました。

プロ実績

山脇プロはまだプロになって日が浅いので、さすがにタイトルの実績はありません。

リーグ戦は鳳凰リーグがD1、女流リーグはBと順調な昇級ペースです。

人気のあるプロだけが出られる連盟女流のカレンダーにもしっかり登場。

最強戦ガールズ2015東日本担当にも抜擢されています。

待遇はメチャメチャいいですね。

 

【追記】

注目度の高いabemaTVのタイトル戦「RTD Girl’s Fight」で初代チャンピオンに輝きました。

 

山脇千文美プロの実力は?

山脇プロは雀歴が長くメンバーとしての打ち込んだ経験もあるので、若くても麻雀はしっかりしています。

雀風は本人曰く「ぴよぴよこちゃこちゃ麻雀」。

よく仕掛けるタイプのようです。

 

かなり実戦経験豊富な強い打ち手だと思うのですが、鳴き麻雀の宿命というか的はずれな批判を多く受けている印象があります。

 

 

例えばこの東3局(19分あたり)のような場面。(その局だけ切り抜かれて批判されてました)

 

  • 点棒は平たいのでそこそこ打点が欲しい。
  • ドラに伸びればリーチで決め手になりうる手牌なので、一枚目の発はスルー。
  • リーチが入った12巡目なので後付でポン。切るのは現物で、手牌に安全牌も45筒子や発がある。危険牌を引いてから親番維持の形テンにも向かいやすい。
  • この形なら1筒くらいは押す。

 

先制リーチを受けたからこそ聴牌を取らなければいけない場面ですね。

すぐにポンできたのはいい反応だと思います。

これを鳴けない人は地蔵ラスが多いノロマな人ですね。

1筒打ちを責める人は結果論者。あまり麻雀を打ったことがない人でしょう。

この打ち方が絶対正しいとはいいませんが、少なくともケチを付けられるような打ち方ではありません。

 

華麗な打ち筋じゃなくてもキッチリ勝っています。

かなり実戦的で強い打ち手です。

私は好きですね、ぴよぴよこちゃこちゃ麻雀。

スポンサーリンク

キャラは設定なのか天然なのか?

 

 

山脇千文美プロを語る上で欠かせないのが、そのおかしな言動

もともと芸能活動を目指していた人なのでウケ狙いのキャラ設定という可能性もありますが、それにしては徹底しています。

もしかすると本当に何も考えずに発言しているのかもしれません。

見ていると楽しいですが、ちょっとハラハラします。

ブログのプロフィールより

性別:美少女戦士

長所:ぴゅるりん!

短所:ぴよぴよ(>_<)

好きな動物は?:スティッチ

自分を動物に例えると?:ゴリラーマン

お弁当に絶対入れて欲しいおかずは?:きゅうり

生まれ変わったら:雲に戻りたい。

今からでも挑戦したいことは?:もう何もかも手遅れっす。

今一番欲しいものは?:愛と勇気。

ロン2のプロフィールより

本人からのコメント:ぽん!ちー!ろん!しゃららー!

プロフィール欄を見ているだけでお腹いっぱいになります。

とりあえず、スティッチとゴリラーマンは動物じゃありません。

 

 

 

山脇プロの異次元解説。

対局内容が頭に入ってきません。

夕刊フジ杯はチーム戦なので、基本的に仲間を応援する贔屓解説が普通ですが…。

山脇解説の一部を抜粋してみます。実況は山井弘プロ、解説の相方は樋口清香プロです。

 

東1局

(いい配牌を貰って)勝ち確なんで、大丈夫です。

(その後すぐにリーチの当たり牌が浮いて)うわ、終わった。

(当たり牌が雀頭に)あ、天才だよ。

(両カンの待ち選択で)モロヒモロヒ六万!

(逆の待ちを選ばれて)ヴォエエ~

東2局

(聴牌しただけで)あ、やったー。

(追っかけに振り込む)終わった。ツカねー。マジ、ツカねーよ。

東2局1本場

(樋口:ドラが3索子だから1索もっているんですね。でも、もうドラはないんですね)あははははー

(ムダヅモに対して)いらねっつんだYO!

(リーチにドラ暗刻の手で追いつかれて)あ、やばいオワコン。

東3局

あ、やばい。(山井:やばいですか?)くしゃみでそう

 

(静かな局面に小さな声で)だめだこりゃ。

(チームメイトが大きく凹んで南場の親が流れる)違う人を応援するまであるよ。(山井、樋口:ええっ!?)

 

ほとんど山脇劇場になっています。

山脇プロの解説(?)は基本「あははは。やったー。やべー。危ねー。パンク。ガレナー。勝ち。天才。おしい」だけで構成されています。この日だけ特別おかしなテンションだったわけではなく、夕刊フジ杯の解説ではいつもこんな感じです。

もしこれが作ったキャラなら、演じている能力がすごすぎますね。

おそらく地でしょう。

ツイッターでも独特のセンスが光るつぶやきをしています。

 

結婚や彼氏は?

山脇千文美

 

山脇千文美は未婚です。

彼氏については不明ですが、2016年8月のブログではいないことを匂わしながらも「彼氏はいてもいなくてもいるってことにしておくのが無難」と語っています。

好きなタイプはイケメンでタバコを吸わない優しい人。

嫌いなタイプは怒りん坊で意地悪な人。

普通と言えば普通ですが、あのプロフィール欄を考えると額面通りに受け取っていいのがどうか…。

 

まとめ

山脇千文美プロについてまとめてみました。

まとめても全然正体が見えてきませんが、麻雀は実戦的な打ち方で強いと思います。

競技麻雀でのバランスを煮詰めていけば、これからの活躍も大いに期待できそうです。

キャラは賛否が分かれそうですが、明るいので一緒に打つと楽しそうですね。

また、山脇プロは麻雀だけでなくいろいろなことに挑戦したいと言っています。若いうちに様々なことにチャレンジして視野を広げておくのはいいですね。

そんな真面目な一面を見ると、ますますキャラが掴みづらくなりましたが…。