石田亜沙己プロは日本プロ麻雀連盟に所属する女流プロです。

フワッとした雰囲気を持つ今時のかわいい女の子で、麻雀を打ちそうには見えませんがれっきとした麻雀プロ。

もともと読者モデルやアイドルをしていたこともあり、プロとして人前で活動する能力は新人離れしています。

まだ若手ですが、知名度の高い先輩雀士に負けないくらいの人気を誇っています。

そんな石田亜沙己プロについてまとめてみました。

スポンサーリンク

石田亜沙己wikiプロフィール

基本プロフィール

石田亜沙己(いしだあさみ)

1990年2月2日 生まれ

愛知県出身

血液型はA型

身長156センチ

日本プロ麻雀連盟所属(第29期生)

キャッチフレーズは「リトルマシンガン」

愛称は「あさちび」

趣味はショッピング・雑誌購読・ブログ更新

 

プロ雀士になる前から名古屋で地方アイドルや読者モデルとして活動。

プロ入り後もしばらくは名古屋の雀荘に勤めていたが、2015年に上京して関東に活動の拠点を移す。

2016年8月に結婚と妊娠を発表した。

 

90年生まれなので26歳ですね。

女流プロとしては珍しく年齢をオープンにしています。

 

麻雀を覚えたのは20歳の頃。

当時のアルバイト仲間が打っているのを見て興味を持ち、直接教わるのではなく後ろで見ながら自力で覚えたそうです。

麻雀の楽しさを知り、このゲームをもっと女の子に広めたいという想いでプロ入りを決意。2013年に日本プロ麻雀連盟の29期生としてプロデビューしました。

 

 

デビュー早々に、麻雀最強戦2013最強戦ガールズ西日本担当という大役を任されています。

でも新人とは思えないくらいハキハキとした喋りです。

この舞台度胸を買われての大抜擢だったんでしょうね。

 

プロ入り前の活動

 

 

石田亜沙己プロは母子家庭で育ったため、マクドナルドでバイトをして学費を稼ぎながら高校大学と進学しました。

大学1年のときに、街中でスカウトされたのがきっかけで読者モデルの仕事を開始。掲載された雑誌はspy girlやJJ 、nutsなど。

育ててくれた母のためにも有名になる、という強い想いで様々な活動をしています。

大学を辞めて、ファンションに強くなるためにアパレル関係にバイトをチェンジ。読者モデルを続けながらブロガーとしての活動もしていました。

また、「N-GIRL」という名古屋ローカルのアイドルのメンバーにも加わっています。N-GIRLはナゴヤガール、オシャレな名古屋女子という意味ですね。

この頃のインタビューで将来の夢は麻雀プロになること、と答えています。

 

 

さらに名古屋の雀荘での仕事も始めました。

まだアマチュアだった石田プロは、池沢麻奈美さん高橋侑希さん(二人とも後にプロ入り)とともに三人でお店の代表として第6期夕刊フジ杯の西日本リーグに出場。並み居るプロを相手にリーグ優勝して本戦出場を果たしました。

この大会を転機にプロ連盟に入会。翌年、プロになった三人で再び西日本リーグを優勝します。

さらに次の年には、三人で経営を始めた雀荘の代表として再び夕刊フジ杯に参戦。西日本リーグ三連覇を成し遂げました。

いきなり最強戦ガールズの西日本代表に抜擢されたのには、このあたりの実績がモノを言ったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

結婚と妊娠の発表

石田プロは2016年の8月に結婚と妊娠を発表しました。

この反響は大きく、ヤフーニュースにも取り上げられるほどでした。人気があるとはいえ麻雀プロとしては異例の扱いです。

結婚のお相手は同じプロ連盟の猿川真寿プロ。第17期マスターズ優勝や最強戦男子プロ代表決定戦で2年連続ファイナル進出の実績を持つプロ雀士です。

石田亜沙己プロが上京してきて店長を務めている雀荘「KO」の経営者でもあります。

東京の恩人と結婚されたということですね。

 

【追記】

猿川プロは2017年もハードな男子プロ決定戦に勝ち抜いて、3年連続で最強戦ファイナル進出を決めています。

 

プロ実績と雀風

石田亜沙己

 

プロ入り前から夕刊フジ杯で活躍していた石田亜沙己プロですが、さすがにまだプロとしての大きなタイトル実績はありません。

ですが、女流リーグは順調に昇級して現在Aリーグまで上がってきています。

鳳凰リーグではD3に在籍しています。(今は産休中)

雀風は門前志向の打点重視型。プロ連盟に多いタイプですね。

 

麻雀格闘倶楽部の投票結果を見ると、人気の方も着実にアップしてきているのがわかります。

女流プロの順位では2014年が8位。2015年が7位。2016年には4位にまでなっています。もちろん、ボーっとしてこれだけ人気が出るはずもなく、努力も欠かしません。

例えば、麻雀格闘倶楽部を打つ時にはすかさず相手の名前と半荘の気になったポイントをメモ。イベントで直接ユーザーと会った時には、メモを元にその時の麻雀の話をすることができます。

こういう対応力はタレント活動の経験が活きていますね。

麻雀が疎かになってはマズイですが、ファンサービスも麻雀プロにとって大事な要素の一つ。その点でのプロ意識の高さはさすがだと思います。

 

これだけの人気者なので連盟女流だけで作成されるカレンダーにも登場しています。

また女流プロの写真集やDVDなどにも出演していますね。

とにかくメディア露出が多いです。

 

ちびちびず

 

 

石田亜沙己、高宮まり、小笠原奈央のプロ三人で「ちびちびず」という仲良しグループを作っています。

正式なユニットというわけではありませんが、なかなか麻雀に触れにくい初心者でも私たち背の低い三人には接しやすいだろうと、いろいろ活動しているそうです。

石田プロがプロ入りする動機に挙げていた、麻雀を広めるための活動の一環ですね。

この三人だと初心者より男ばかりが集まってきそうですが…。

 

まとめ

石田亜沙己プロについてまとめてみました。

見た目の印象と違って、プロ意識の高いしっかりした女流プロでした。

現在はお仕事をセーブしていますが、無事に出産されてお仕事に復帰されるのを願っています。

今ではお母さんになった先輩プロも少なくありませんので、そういう意味でも心強いのではないでしょうか。