松岡千晶

 

松岡千晶プロは日本プロ麻雀連盟に所属する女流プロです。

元気で素朴な雰囲気を持つかわいい女の子で、タレント的な美人雀士が多い麻雀界ではちょっと珍しいタイプです。

人気もじわりじわりと上昇中。

そんな松岡千晶プロについてまとめてみました。

スポンサーリンク

松岡千晶プロフィール

基本プロフィール

松岡千晶(まつおかちあき)

1991年1月21日生まれ

東京都の出身

血液型はA型

趣味は睡眠・愛犬と遊ぶこと

日本プロ麻雀連盟(28期生)

愛称は「ちーぼー」

 

松岡千晶プロは1991年生まれ。現在の年齢は25歳ですね。

趣味に愛犬と遊ぶこと、とあるように犬好きで、ツイッターやブログにワンちゃんと一緒の写真がよくアップされています。

プロ雀士につきもののキャッチフレーズはまだありませんが、愛称の「ちーぼー」は非常に親しまれています。

 

麻雀を中学2年生の時。友達からルールを教わって家でセット麻雀ばかり打っていたそうです。

大学生になるとセットの場が雀荘へ。自然にフリーでも打つようになり、流れでメンバーのバイトも始めました。

お店の人に進められてプロ試験を受験。2012年、大学卒業と同時に日本プロ麻雀連盟の28期生としてプロデビューしました。

プロになった時点では8年ほど雀歴があったんですね。女流プロのデビュー時にしては長めの経験と言えます。

ちーぼーが「ちー棒」に

松岡プロはデビューして間もない2013年に、麻雀最強戦ガールズ東日本担当に選ばれています。

最強戦ガールズはアマチュアに混じって麻雀を打ちながらプロ代表決定戦の舞台を目指すという企画。プロの予選というよりは、参加読者を盛り上げる意味合いが強い企画なので、初々しい松岡プロが抜擢されたのでしょうか。

 

ところが、初々し過ぎて本番では台本を読むのにも四苦八苦。完全な緊張状態でした。

同じ最強戦ガールズの西日本担当でタレント経験のある石井亜沙巳プロが場馴れ感を見せたため、松岡プロの棒読み具合がより浮き彫りになってしまっています。

ニコニコ動画でも彼女の愛称をモジッて「ちー棒」というコメントが流れていました。

本人もこの時の不甲斐なさを気に病んでいましたが、視聴者には素人っぽさがかえってウケていました。

2015年の麻雀格闘倶楽部の人気投票では20位。2016年には15位と人気もじわじわ上がってきています。

スポンサーリンク

プロ実績と雀風

松岡千晶プロにはまだ大きなタイトルの実績はありません。

しかし鳳凰リーグはD2まで上がっていて悪くない昇級ペース。

女流リーグはAリーグで奮闘しているので女流桜花も十分狙える位置にいます。

 

門前手役型の打ち手を目指しているそうですが、雀風はオーソドックスな手なりの打ち筋に見えます。

動画は2014年の夕刊フジ杯なので、現在ではもう少し競技寄りの打ち方に変わっているかもしれません。

雀歴は長いので牌さばきは慣れています。

結婚や彼氏は?理想はふじもん?

松岡プロはまだ若くてプロデビューして間もないので、結婚や彼氏の噂などが出たことはありません。

本人曰く、もし付き合うなら年上が良いそうです。

好きな男性タレントは三浦春馬や玉森裕太。

で、一番好きなのはFUJIWARAのフジモンだとか。うるさくて面白く、優しそうなところが好きだそうです。

一人だけ顔全然違いますけど…。

松岡千晶プロが引退?

松岡千晶プロが引退するのでは、と一時期話題になったことがあります。

しかし、今日も元気にプロ活動を続けています。結婚や休業などの発表もありません。

一体どこから出た噂なのでしょうか。

 

松岡千晶ドラ魅ちゃん

松岡プロは2015年の8月に、長年勤めていた雀荘を離れています。

プロ入り前から働いていた蒲田にある「ドラ魅ちゃん」というお店で、雀荘デビューしてから通っている思い入れのある場所です。

ブログにも思い出の店を離れる寂しさが綴られていますが、このときの丁寧な卒業の挨拶がどこかでネジ曲がって伝わって、引退の挨拶と勘違いされたのではないでしょうか。

現在、松岡プロは東京の神田駅前にある「麻雀にゃお」の店長を務めています。

まとめ

松岡千晶プロについてまとめてみました。

緊張でこわばっていた女の子も今や女流Aリーグ。

でも、一生懸命さは変わらないので応援したくなりますね。ファンが大勢いるのもわかります。

なんとかタイトルを一つ手にして今後のプロ活動にはずみを付けて欲しいですね。