立花つくし

 

立花つくしプロは元日本プロ麻雀連盟に所属していた女流プロです。

幼い顔立ちの萌え系雀士で非常に人気があり、そのタレント力の高さで新人離れした活躍を見せていました。

また女流リーグでも連続昇級でAリーグまで上がっており、打ち手としても将来を期待されていた女流雀士でした。

ところが、2015年に突然連盟を脱退したことが発表され、周囲を驚かせました。現在ではフリープロとして活動を続けています。

そんな立花つくしプロについてまとめてみました。

スポンサーリンク

立花つくしwiki風プロフィール

立花プロはプロ連盟で4年。フリーで1年以上活動しています。

人気や知名度からウィキペディアにデータがありそうでしたが、まだ無いんですね。

プロフィールをウィキペディア風に紹介します。

 

基本プロフィール

立花つくし(たちばなつくし、1991年3月16日 – )は、フリーのプロ雀士。

京都府出身。血液型はA型。

日本プロ麻雀連盟所属(第27期生)。

脱退前は女流Aリーグに所属。

漫画やアニメ・ゲーム好きで、元コスプレイヤーとしても人気があった。

料理が苦手。

2015年にプロ連盟を脱退、フリープロとして活動している。

 

91年生まれということは、まだ25歳ですね。

 

麻雀に触れたのは中学3年の頃、父と姉二人を相手の家庭麻雀から。

姉の友人相手に打つこともありましたが仲間内では勝ち続けたそうです。

ゲームセンターで麻雀格闘倶楽部も打ち始め、自宅でネット麻雀も打つという麻雀漬けの生活が中学時代からスタート。

18歳になると雀荘へも打ちに行くようになります。そこに飾ってある女流プロの写真を見てプロ雀士に興味を持ち、プロテストを受けたそうです。

若くても麻雀のキャリアは結構長いですね。

 

プロとしてデビューしたのが19歳で、比較的早めにメディア出演しています。

実際に連盟で活躍していた時には、まだ20歳そこそこだったというわけです。現在では若い女流プロが少なくありませんが、その中でも特に若いですね。

連盟女流プロが集合した写真集でも表紙を飾っていて、期待されていたことが伺えます。

 

立花つくしは本名?

「立花つくし」という名前は本名ではなく、麻雀プロとしての雀ネームです。

ただ、「つくし」は本名をそのまま使っているようですね。

このことは本人も周りのプロもオープンにしている事実です。

名字の方はわかりませんでした。

実績や雀風

 

立花プロにはタイトルなどの実績はまだありません。

ですが、プロ3年目で女流Aリーグまでストレートに昇級していたので、実力は十分にあったと思われます。

いくつかアップされている動画を見ても、実践的な打ち筋で安定しています。

見た目とは裏腹に、攻めっ気の強いフリーっぽい打ち方に見えますね。

元コスプレイヤー

立花つくしコスプレ

 

立花つくしプロは麻雀プロになる前にコスプレイヤーとしても活動していました。

「つくし」という名前でコミケなどにも参加していたそうです。

あまりこの世界に詳しくありませんが、人気のコスプレイヤーになると下手なアイドルなど問題にならないくらいのファンが付くみたいですね。つくしさんもかなり人気のレイヤーさんだったようです。

もともとタレント的な素養があったということでしょうね。

コミケに参加していた時期は2011年ごろらしいので、高校時代からプロ入りする直前くらいでしょうか。

プロ入り後もブログにコスプレの写真などは普通にアップされていました。別にコスプレを止めたわけではないようです。

スポンサーリンク

規約違反による謹慎処分 その後脱退

2014年8月、女流Aリーグに上がってこれからという立花プロに、突然の謹慎処分が下りました。

翌月からブログ発表のスケジュールも、連盟道場での仕事とリーグ戦への参加が消えて各雀荘へのゲストの仕事のみになりました。

連盟規約違反による今期謹慎になったというアナウンス。詳しい説明もなかったので人気雀士の突然の処分に様々な憶測が流れました。

年が明けて2015年の4月にブログ上でプロ連盟を脱退したことが発表されて、以降はフリーのプロとして活動を続けています。

規約違反とは?

うしじまいい肉つくしみーや

 

連盟の規約違反とは何なのか。

公式の発表がないので断言はできませんが、2014年8月に発売された立花プロ出演のコスプレDVDが原因だという説が有力です。

DVDと言っても同人の写真集の入ったソフトのこと。有名なコスプレイヤーうしじまいい肉さん達と出演したものでかなり過激な内容だったようです。

この過激な内容が連盟の規約に引っかかったと思われます。

タレント的な活動も多い連盟の女流プロには、ちょっとセクシーなグラビアや映像を披露している人もいますが、何でもOKというわけではないようです。

おそらく通常のグラビアアイドルくらいの仕事までが問題ないラインとされているんでしょう。

度が過ぎた内容のものは許可しないという方針のようです。

 

結局、謹慎処分が下り約半年後に立花プロは連盟を脱退することになります。

なんだか少し厳しい処分という気がしますね。

立花つくしプロの人気度合いを考えると、脱退されるのはプロ連盟側も好ましくなかったはずです。

ここからは想像ですが、連盟の許可のラインと立花プロが活動を続けたい内容に齟齬があり、両者の話し合いが決裂してしまったのではないでしょうか。

例えばDVD発売前に中止を求められたけど発売を強行したとか。

あるいは発売後に今後はこういう活動を控えるように指導されてそれに異議を唱えたとか。

どちらにしても、今となっては真相は藪の中ではありますね。

フリープロとしての活動

現在はフリープロとして活動している立花プロ。

ブログで公表されている毎月のスケジュールを見るとなかなかの売れっ子です。

またスリーファイブ新宿店にも、しっかりフリープロとして在籍していることが書かれています。

お仕事は順調のようですね。

 

東城りお立花つくし川原舞子

連盟プロの人とも、公私共に付き合いが途絶えてしまったわけではないようです。

一緒に遊びに行った写真などがブログにアップされています。

写真左が東城りおプロ、右が川原舞子プロ。(二人とも連盟)

こういうのを見るとホッとしますね。

結婚や彼氏は?

立花つくしプロは結婚していません。

2014年のインタビューでは「プロになってからの4年間、雀荘しか行かないので出会いがなくて彼氏がいない」と答えています。

雀荘には男ばかりいる気がしますが、麻雀関係の仕事をしている人はケンカになりそうなので付き合いの対象にはならないとか。

好きなタイプは「掃除、選択、料理すべてこなして稼いでくれる人」だそうです。ちょっと要求が無茶すぎますね。

まとめ

立花つくしプロについてまとめてみました。

期待されていた人気プロだっただけに連盟を脱退してしまったのは少し残念な気がしますが、元気に活動されているようなので何よりです。

団体に所属しているというのは団体のリーグ戦に参加しているだけなので、世間の「〇〇プロと打ちたい」という需要とはあまり関係ないんですね。

立花プロくらいの人気があればフリーで活動していくのに問題は無さそうです。

オープン大会などにも参加できるので、今後のプロ活動に注目したいと思います。