セクシーギャル雀士 和久津晶・その超攻撃麻雀や素顔など

和久津晶プロは日本プロ麻雀連盟に所属する女流プロです。

数多くの女性プロが存在する麻雀界。美人や可愛らしいアイドル的雀士も少なくありません。

和久津プロはそんな中では珍しいギャル系雀士です。

女流の世界では異彩を放つビジュアルですが、今や有名な先輩雀士とも肩を並べるほどの人気プロになっています。

そんな和久津晶プロについてまとめてみました。

スポンサーリンク

和久津晶プロフィール

基本プロフィール

和久津晶(わくつあきら)

1978年2月17日生まれ

東京都の出身

血液型はO型

趣味は旅行・野球

日本プロ麻雀連盟(23期生)

78年生まれなので年齢は38歳ですか。

素晴らしいプロポーションと派手なギャルメイクで年齢を感じさせません。

2006年に23期生としてプロ連盟に入会したので、プロになったのは少し遅めの28歳。同じ団体の二階堂姉妹や和泉由希子プロと比べて年齢は上ですが、麻雀プロとしては後輩になります。

プロ入りが遅れたのは、歌手になるという夢を追っていたからだそうです。

初めて麻雀に触れたのは10歳になる少し前で完先ルール。このときは遊びのボードゲームの一つでしか無かったのですが、18になる頃にアリアリルールを覚えてからどっぷりハマったそうです。

プロ歴はともかく麻雀そのものの経験は先輩たちにも引けは取っていません。

キャッチフレーズ

和久津プロには「超攻撃アマゾネス」といういかにも強そうなキャッチフレーズが付いています。

黒く日焼けしたギャルっぽい風貌に露出の多いファッション。そして何よりメチャクチャ押してくる攻撃的な打法から名付けられたのでしょう。

見た目と雀風がわかりやすく表れた、いいネーミングだと思います。

実際この通り名は非常に浸透していて、本人もお気に入りです。

また、ファンからは「雀荘おやじ」と言われることもあり、こちらの呼ばれ方も気に入っているようです。

これは、年間5000半荘以上打つと公言している実戦量と野球が好きという雀荘にいるオジサンのような和久津プロの特徴から付いたものです。

野球好きはともかくとして年間5000半荘はスゴイですね。

雀荘おやじどころか数をこなす雀荘のメンバー級の数字です。

雀風

もちろんキャッチフレーズ通り、麻雀は超攻撃型です。

放銃を悪いこととして考える打ち手が多い中、和久津プロは「和了り逃し」の方を嫌って攻め込みます。もちろん全ツッパというわけではなく、クサイところ2、3点だけ抑えて切り込んでいく打ち方です。

動画の手牌だと、ほとんどの人は親リーチに対して九万を打つのではないでしょうか。

そこをカン八万が良いと見て打五万。

リーチに押してきている脇を警戒して萬子のカンチャンを外して行きますが、局終了後の「二万対子落としでリーチだったな」という発想は和久津プロならではですね。

この打ち方が正解かどうかはさておき、超攻撃アマゾネスの思考が端的に現れた場面でした。

ちなみに憧れの雀士は清水香織プロだそうです。

確かに、清水プロもかなり押すタイプの雀風ですね。納得です。

プロ実績

獲得タイトル

・第9.12期 プロクイーン決定戦

・第16回 天空麻雀 女性大会

プロとしてのタイトル実績は、第9期と12期のプロクイーンで二度の栄冠に輝いています。

TV対局ではやや振るわない印象がありますが、16回天空麻雀の女性大会で優勝しています。

また、和久津プロというと常にタイトル戦の決勝卓に座っている印象が強いですね。

実際にプロクイーンだけでなく女流桜花などでも準優勝や3位という記録が多く残っています。決勝卓に残る回数が多いのはそれだけ実力がある証拠だと思いますが、やはり本人には勝ちきれない悔しさがあるようです。

厳しいA2リーグを勝ち上がって2017年にはA1リーグで勝負しています。

女性初の鳳凰位に、今最も近いプロ雀士といえます。

スポンサーリンク

和久津プロの素顔

いかにもギャルといった風貌や攻撃的な雀風から怖いイメージを持たれがちな和久津プロですが、実際にはそんなことはないそうです。

実際に雀荘で一緒に打ったお客さんや他団体のプロからも、優しくて人当たりがいいという声が聞こえてきます。

確かに映像などで喋っているのを聞くと、サバサバした感じは受けますが話しやすそうで卓を囲むと楽しそうです。

とにかくお店で麻雀を打ちまくっているようなので、他のプロと比べて一緒に打てるチャンスは多そうです。

気になる方はブログやツイッターでスケジュールを確認して遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

ただ、アマゾネスらしくブログの更新にマメさは見られませんが……。

胸を強調するようなセクシーな衣装と水着画像

和久津晶プロはいつも、ザックリと胸の開いた衣装やピッタリと体のラインが出る服装で対局に臨んでいます。

これは視聴者サービスのためということではなく(少しはあるかもしれませんが)、女は見られていないとダメになるという信念から、あえて露出の多い服を着ているそうです。

なるほど、ふわっと体型がわかりにくい服装だと少々太っても気にしなくなってしまいますからね。

自分を律するためのファッションによる体型維持方法ということでしょう。

でも実際はこういう服装が好きなのが一番の理由だとか。そりゃそうですね。

ただ、人気女流プロの割にグラビア系の仕事はほとんどしていないようで、水着画像などは無いようです。

対局時のセクシーな格好からするとちょっと意外ですね。

結婚や彼氏は?

和久津プロは結婚していません。

彼氏の噂も耳にしないですね。

ギャルっぽいのになぜか浮いた話があまり無い和久津プロ。

もちろん年齢から考えて、彼氏がいても全然不思議はありませんし、いきなり結婚の発表があってもおかしくはありません。

なんとなく、その手のことを隠しそうにないタイプに見えます。

ちなみに打牌内容で揉めそうなので彼氏は麻雀を打たないほうがいいそうです。

まとめ

和久津晶プロについてまとめてみました。

ギャルっぽい外見ばかり取り上げられがちですが、中身は実戦で鍛えた実力派の打ち手です。

また、雀荘おやじと呼ばれるほど打ち込んでいることから、麻雀愛に溢れているのが伝わってきます。

今後の活躍も期待できる、応援したくなる女流プロですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする