瀬戸熊直樹プロは日本プロ麻雀連盟に所属するプロ雀士です。

プロ連盟のビッグタイトルを獲りまくって現役最強との呼び声も高い打ち手です。

攻撃的で卓上の暴君とまで呼ばれる連盟のスタープレイヤー。

そんな瀬戸熊直樹プロについてまとめてみました。

スポンサーリンク

瀬戸熊直樹とは

基本プロフィール

瀬戸熊直樹(せとくまなおき)

1970年8月27日生まれ

千葉県出身

血液型はO型

趣味はスポーツ観戦・読書

日本プロ麻雀連盟(14期生)

 

瀬戸熊プロは1970年生まれです。

ベテラン雀士が多いプロ連盟では中間的な世代といえます。

サラリーマンからの転身で口調や雰囲気は穏やかです。アウトローな雰囲気は全くありませんね。

 

獲得タイトル

・第26・27・29期 鳳凰位

・第28・29・30期 十段位

・第6・9期 無双位

・第9期 無双位

・第14期 發王位

・第13期 チャンピオンズリーグ優勝

・第6回 チャンピオンカーニバル 優勝

 

獲得タイトルは、連盟リーグの頂点である鳳凰位を三度と十段位を三連覇。

さらに最高位戦のオープン戦である発王位も獲っています。

連盟内には並ぶものがいないほどの実績で、今では誰もが認める名実ともに連盟ナンバーワンプレイヤーです。

 

といっても瀬戸熊プロの実力がハッキリ認められ始めたのは、最初の鳳凰位(26期)を獲ってからの印象があります。

もちろんAリーグにいる強いプロではありましたが、団体の看板を背負って立つほどの評価はされていなかった気がします。

特にTV対局には慣れておらず、初期の天空麻雀に出演していた頃は本人も自信なさげな雰囲気でした。

今の王者の風格とは全然違いましたね。

 

雀風

瀬戸熊プロのキャッチフレーズは「卓上の暴君」。

かなり無茶な押しをする打ち筋から付けられた呼び名です。

攻撃的な打ち方と落ち着いた雰囲気との落差も特徴的だったんでしょうね。

ただ、このキャッチフレーズはかなり以前につけられたもので、現在では押し引きのバランスが変わっているように見えます。

やや無理押しが減ったような印象です。

 

 

それでも鋭く切り込むタイプなのはあまり変わりませんね。

二人リーチに役無しのダマでプッシュ。

現代風なセオリーだとオリ、もしくは突っ張るならリーチが普通だと思います。

このリーチをかけないダマ押しのバランスが瀬戸熊プロらしさを感じます。

 

ちなみに瀬戸熊プロは考える局面で、手牌をカツンと卓のフチで揃える癖がありますね。

今でもよく見ます。

スポンサーリンク

流れ派

「瀬戸熊プロは流れ派ですか、デジタル派ですか?」

インタビューでのこんな質問に「バリバリの流れ派です」と明確に答えるほどの流れ論者です。

プロ連盟では流れを重んじる雀士が多いですが、中でも瀬戸熊プロはその比重がかなり高め。

その思考の一端は、プロ連盟のホームページに掲載されているコラムで見ることができます。

 

 

コラムのテーマは「好配牌の入れ方」です。

デジタル思考の打ち手には信じられないようなテーマですが、瀬戸熊プロはふざけているわけではありません。

たくさんの牌図で細かく説明。自分の麻雀ノートから引っ張ってきた展開予想のフローチャート図も登場します。

これを見ると瀬戸熊プロが、なんとなく流れがいいとか悪いとか言っている「なんちゃって流れ派雀士」とは違うことはわかります。

 

クマクマタイム

流れ派の雀士らしくノリにノって連荘を続ける場面があります。

この猛連荘は瀬戸熊プロの名前から「クマクマタイム」と名付けられています。

もちろん名付けたのは瀬戸熊プロではありませんが、クマクマタイムのような状態があることは自覚しているそうです。

クマクマタイムに入るのは「1300・2600」のツモ和了りがきっかけになることが多いと話していました。

メン・ピン・ツモ・ドラ1くらいですか。

結構ハードル高いですね。

 

瀬戸熊プロの嫁

瀬戸熊プロは結婚して家庭を持っています。

「嫁」や「妻」などで検索されているようなので、奥さんのことが気になる人も多いのでしょうか。

瀬戸熊プロのブログには、奥さんとの日常生活も普通に書かれています。

顔は公開されていないようですが、瀬戸熊家で食事をごちそうになった荒正義プロいわく「とても美人で料理上手な奥さんだった」そうです。

確かにブログにたびたびアップされる料理の画像はどれも美味しそうです。

この奥さんのバックアップがあってこそ、瀬戸熊プロの現在の大活躍があるんでしょうね。

また、それに応える瀬戸熊プロの競技麻雀に対する真面目な姿勢も、ブログから見て取れます。

 

瀬戸熊直樹の出身大学

瀬戸熊プロの出身大学も気にする人がいるようです。

あまりプロ雀士に学歴は関係ないと思うのですが。

 

瀬戸熊プロは東京経済大学を卒業しています。(ブログのプロフィールより)

普通の私大ですし、いきなりプロ雀士になったのではなく卒業後に一度サラリーマンとして就職しています。麻雀と大学に深い関わりは無さそうです。

 

まとめ

瀬戸熊直樹プロについてまとめてみました。

プロ連盟の看板選手でありながら麻雀に対する姿勢は真面目そのもの。

流れ派の雀士でここまで自分の打ち方を体系立てて考えている人は少数だと思います。

実際にこの打ち方で勝ち続けているので周りは頷くしかありませんよね。

今後も瀬戸熊プロの打法がどのように変化していくのか注目です。